FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

06« 2009.07 »08
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

2009年07月24日×ENTRY's

懐かしい北海道を彷彿とさせられた飴細工テキヤの本


未分類

《白糠がアイヌ人の多い町だとは複数の見世物屋やテキヤから聞いていた。・・

私の店にも、澄んだ、目の大きな小学生の姉と三、四歳の弟が三日間、一日に幾度もやって来た。そんな時もいつの間にか二人は楽しそうに飴細工を見ている。
私は三日目の日中、とうとう一本ずつの飴細工をやってしまった。以前に室蘭の高市で苦い思いをしていたからだ。

室蘭は大都会・・
「なんだい、今日はお祭りだよ。せっかくの一年一回、今日は暇人と貧乏人しかいないのか、お兄さんだって焼酎代くらい稼がなくっちゃ今夜はどうすればいいんだ、頼む教えてちょうだい」などと啖呵をかませていた。

ところがこの時、ひとりの少女が目に涙を一杯ためている。そしてこのように言った。
「おじさん貧乏人って馬鹿にしているっしょ、あたいは買いたくても買えないの馬鹿にしてるっしょ」

白糠の二人に飴細工をやったのは、この時の苦い思い出が残っていたからだった。》(「間道ー見世物とテキヤ」より)


「間道ー見世物とテキヤ」(坂入尚文)は、去年読んだ本の中でも、故郷北海道に関しての本の中でも、ベスト3に入れたい本。

特に後半の、テキヤ(飴細工)になっての・・テキヤ仲間や各地の親分衆や極道との付き合いは、誰か映画にでもしてくれんもんだべか。僕が転々とした北海道の故郷も観られるし。

泣いて、笑って、歯軋りして、頷いて一気に読了した。
すっかり・・北見を舞台の「プリズンホテル」(浅田次郎の抱腹絶倒の傑作!)みたいな廃墟や、釧路や小樽や夕張のかっての廃墟に帰りたくなってしまったな・・

furusatono
スポンサーサイト



政権交代どころか戦後民主主義の終焉なのではと思う


未分類

neko
最近民主党が限りなく自民党とそっくりになってきたのではと思う。特に新自由主義の売国奴小泉派と。
詳しくはここをーhttp://critic6.blog63.fc2.com/

残りの違いは消費税大増税反対と天下り禁止ぐらいになってきた感があるけど、これも財界やアメリカの圧力で腰砕けになってしまう可能性が大になってきたと思う。

自公を選んでも、民主党を選んでもどうも同じ結果になりそうな雲行きだ。とりわけひどいのが岡田幹事長の小泉政治評価や派遣法を変えないという発言だ。

これに対する唯一の方法は、チェンジを忘れて、財界・アメリカの圧力でチェンジされつつある民主党への抗議で、その変節を批判し元に戻すことと、第3極をつくれという世論形成ではないかと思う。その第三極の中心にあるべきなのは年末のテント村で国民多数の支持を集めた新しい労働運動家たちしかありえないと思う。そして今度の選挙がこの国のチェンジの最後のチャンスだろと思う。

近視眼党利党略のために、護憲派として同じような政策でありながら犬猿の中の共産党・社民党にはもうあまり期待できないというのが都議選の結果だったと思う。
共産党には上記の新しい労働運動家と共闘することはとても難しいので・・社民党だけが唯一これが可能であり、そうでなければまた惨敗して、戦後民主主義終焉の最大の戦犯の社会党・社民党と後世の歴史家たちが判定するのではと思う。
もしも社民党がそのような度量の広さを見せてゆけば、社民党こそが第三極の中心となり得るはずなのに・・とても残念である。