詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

12« 2010.01 »02
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

2010年01月×ENTRY's

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地図


未分類

mienoumi
ずっと昔から
地図一枚を持ってのぶらり旅が好きだった
たどたどしい書き込みだらけの地図を握りしめながら

そんな旅とはうらはらに
いつの時代の人間も
最近のぼくも
私欲のための地図ばかりを作ってきたような気がする

狩りの場所を記した地図や
航海のための地図
思い出の中だけのきみに出会うための地図

地図は
理解のための第一歩だったのかもしれない
理解が
愛や憎しみのための第一歩であるように
理解の広がりが
ぼくらの世界の広がりだったように

誰もが 
初めての燃えさかる記憶から 
燃え尽きてゆく死のときまでの
自分だけの地図を作るべきだ
疑問符が感嘆符に変わった瞬間の記憶のために

世界は いつだって
溢れるばかりの疑問符に満ち満ちている
青い森で空を見上げたとき
海のあまりの広さに絶句したとき
その記念のためであれ
きみの地図は書き残されねばならない
スポンサーサイト

詩 斎場勤め(あの時の小鳥はマヒワらしい)


未分類

mahiwa
山奥の斎場での数年間では
色々あったけど
いま思い出すのは
小鳥のことくらい

斎場への
九十九折の山道で
危うく鹿をひき殺すところだった

急ブレーキで止まった車の前を
ゆうゆうと歩いてゆく
母親の鹿と二頭の仔鹿たち

そのふんわりとこげ茶色の毛並みをみてたら
斎場の通路のガラス窓に
何度も激突しては
また通路に横たわっては震え
懸命に窓の外の青空へと
戻ろうとしていた小鳥を思い出してしまった

その小鳥を
両手で抱きかかえると
なんてふかふかのコーヒー色の
なんて柔らかな柔毛

「もうガラス窓なんかに騙されるなよ」と
高く 高く
放り投げたあとに
涙ぐんでいる自分がいた

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。