詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネット開始頃の詩(4)  秋の路上生活者


晩秋には心が砕けやすい
それを狙ってなのか
ただ単に冬のボーナスを払いたくないためなのか

年間十万件近いパワハラやセクハラの末に
晩秋にいよいよ解雇だったり
ブラック企業で殺される人々が多い

失業者にはありがたい暖かい晩秋
公園散歩中に方角音痴になったので
駅への道を聞こうとして
路上生活者に「こんにちわ・・」と挨拶したら
「炊き出しはあそこだよ」と指差された

食べていこうかとも思ったが
食べれなくなる路上生活者がいても可哀相なので
「ありがとうございました」と野球帽を脱いでペコリ
ダンボールの家の前の老人にとうと
駅の方角を聞きそびれてしまった
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。