詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  自作詩リバイバル(1)   四月のカタクリ


きみが
「四月が好き」と耳元でささやいたから
四月がいちばん好きな季節になった

溶けはじめた雪の間から
きらきら眩しい川面が
また今年も顔をのぞかせる頃
「福寿草を採りに行こう」と父が呟く

残雪でまだらになった丘を
いくつもいくつも越え
風の橋をいくつもいくつも渡り

ああ今年もやっぱり
同じ川のほとりの雪の間から
福寿草の蕾がのぞいてる

「みて!」と
従姉妹の君が指差す先の森には
まるでペルシャ絨毯みたいなカタクリの群落が
風の中でひっそりとワルツの練習中
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。