詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

10« 2017.11 »12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  一月の自作詩(12)   蜻蛉の目玉


◆@shavetail バ ブルの頃、赤字国債は一時ゼロに・・赤字国債の旨みを知った日本政官財(特に財務省)は年毎に赤字国債を積み上げて自分たちの利権構造=天下り官僚構造で 散々税金強盗をやっては、その赤字は国民の赤字だとぬかしては、増税・税的負担層や社会保障の切捨て。責任者出て来い!年金積立金数百兆円(自分たちの公 務員共済には一切手をつけず)を、給付以外の○○トピアハコモノに使って私腹を肥やし、株博打で雲散霧消のついでにポケットに入れた厚労省高給官僚どもも

◆@kiyomizu5(要約) 舛添の妻は創価学会幹部と暴露(?)1週間後に暴行容疑で捜査ー 『ここ』 …創価学会は警察等に大量信者送り込みで有名で創価学会分身公明党が与党に、舛添は前々から創価学会と関係暴行事件は調査が必要!

@kiyomizu5 @tyajyo 読売も公安警察の支配者の一つですよ。自治省トップ官僚(米騒動や関東大震災で大弾圧)だった正力松太郎(安倍祖父岸同様にスパイ名を持つCIAスパイ)とその女婿の小林與三次が警察に絶大な影響力を持ち、ナベツネに引き継がれました。創価と読売の両方を調べれば何かが見えるかも。 『ここ』


蜻蛉の目玉はぐるぐる回る
まんまる目玉にゃ空ばかり
蜻蛉の目玉に写った夜空は
この世の終わりのてんごく模様

蜻蛉はまるで福田前首相のように慎み深い
政治家に向いてない性格の彼が
先日急遽オリンピック委員長になった森元首相以来一番まともな首相だなんて
冗談がきつすぎる国だ

日本人は大昔からのんびり空ゆくトンボが大好き
夕空一面の赤とんぼを見上げて
郷愁に襲われない日本人は珍しい

日本人の大半は
蜻蛉の類いと勘違いしたのだろうか
売国スパイの安倍麻生や小泉竹中や中曽根という
人一倍生臭い奴らを

嘘と違法行為をやりたい放題
史上でも稀な属国吸血蛭連中だったなんて
いったい誰が想像したろう

こいつらが原発でばら撒いた放射能が
日本中を汚染してゆく
官僚天下りでブラック企業以上に
税金寄生化したブラック官僚国家を破壊してゆく

日本中どこもかしこも
シャッター通りと廃屋と廃線と廃校だらけ
極楽トンボと見紛う電柱の列と行き交う雲ばかり

廃路の行き止まりには
まるでミステリーサークルみたいにタンポポが渦巻き
倒壊寸前の廃駅の硝子窓から狐や狸が舌をだす

廃坑の岩壁のあちこちからは
強制連行されてきて奴隷奴隷労働で殺された
騙された日本人や朝鮮人や中国人の無念の涙がポタポタ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。