詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 自作詩リバイバル(12)  バラード


ヤケ酒を飲んでぐでんぐでん
市営グランドの柵を乗り越えたら
そこは満天の星々だけが行き来する世界
なにひとつ音の聞こえてこない流刑地

寝そべって見上げれば
空も 地球も おいらも
蒼穹の夢の欠片のように輝いている
その上を星座や人工衛星だけが過ぎってゆく

円形競技場みたいな市営グランドを
素足で歩いてみたよ 端から端まで
笑いをかみ締めながら
馬鹿野郎どもの顔を思い出しながら

喚声はもう遠い過去のこと
昨日君と別れてきたのも遠い歴史
この街の雑踏ではいつも
葬送のざわめきを楽しむ人間たち

花火が欲しかったので
「バーン!」と喚声を上げてみる
さよなら いつも風の中だった20世紀
さよなら いつも奴隷社畜が人体実験だった日本低国
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。