詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

10« 2017.11 »12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 一月の詩(15)   四人兄弟


半分の半分は四人分だから
いつも半分を半分こづつ分ける癖が

一番上の兄は
高校卒業前にプイっと家出してから
もう二十年以上も行方不明のまま

なんの知らせもないので
海の底でコンクリート詰めになったか
長靴を履いたまま南米に移住したか
永山規夫のように外国船で密航したんだろうか

兄の身の上を心配していた両親は
もうこの世にはいない 
日本中を電話番号案内で尋ねたあと
墜落寸前の人工衛星より孤独な夜がやってきた
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。