詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

他の記事に埋もれて読みにくかった最近の詩だけをまとめて掲載 (1)


殺人

ゆうべみた夢の中で
ぼくは冷酷無比の殺人者
手当たり次第に誰でも殺してしまう

殺人はまだやった事がない
やるつもりもない
やってみようと思った事はある

ときどき夢想することがある 
あの時殺していたら
今頃は死刑を待つ身だろうか
それともとっくにあの世だろうか

いくらでも人を殺して平気な
この国や米国の政官財偉いさんたちの心境は理解しがたい

宣言

かっては数え切れないほど
たくさんの宣言を暗記していたが
それらのすべて忘れてしまった

そんな訳で仕方なく宣言しよう
どの宣言とも違う宣言がぼくの詩なのだから

先住民イロコイ同盟の模倣アメリカ合衆国独立宣言
恣意的に結びつけるシュールリアリスト宣言
違う桎梏をもたらす共産党宣言
穴好き人々のためのアナキスト宣言
明治覇者長州閥への最大の叛乱秩父困民党宣言

もっといっぱい覚えていたのにすべて忘れた
学校で教えられた名をかろうじて覚えているだけ

仕方なく宣言しよう
どの宣言とも違う宣言を
山や谷底は深いほうがいい
地獄や天国という
奴隷家畜を支配するための妄想も馬鹿らしくほうがいい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。