詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 二月の詩(2)    桜桃


太宰治のために
すっかりそのイメージが汚されてしまった桜桃だけど

北海道の開拓農家を尋ねると
桜桃をはじめ多くの果樹が植えられている

ぼくの祖父母の家にも
泉を取り囲んで四本もの桜桃の大木が
いつもあるかなしかの風にそよいでいた

春になると一家そろって
地には真っ赤な桜桃の実にため息をつく
「父さん町で売れんのだべか」
「どの家にも植えてるので誰も買わんべさ」

食べるのを忘れていつまでも
家族そろって立ち尽くし見上げていた桜桃の大木

熊さんたち野生動物には
開拓者たちがやった唯一の良いことかもしれない
今では廃線の彼方の故郷を思い出すたびに
そう思うことにしている
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。