詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伊藤博文や岸佐藤兄弟や安倍晋三の戸籍のある地周防田布施町周辺の「おおテンプラ」には笑った


情報

安倍晋三は日本史上最低最悪の詐欺師、確信犯なのでタチが悪い。《立てば大嘘座ればペテン歩く姿はヒットラー》・・この世襲政治屋の背後なのが、CIAスパイ名を持つ祖父岸信介以来の朝鮮半島系カルトなので、すべて誰かさんのシナリオ通り自作自演の「戦争」「秘密保護法=戦前治安維持法」も厄介!

伊藤博文が隊長だった「力士隊」(被差別)のすぐ隣に、後の明治天皇が住み、よく相撲していた・・というブログ記事も多い。明治以降、この南朝系明治天皇(明治維新前に殺されたという孝明天皇は北朝系・・水戸藩同様に長州藩も南朝系天皇を抱えていたらしい)の「南朝が正統」という言葉はこのような背景抜きには理解不可能。
戦後有名になった「熊沢天皇」もまた・・

日本一「被差別部落」等の差別がきつい長州の周防に英米が目をつけない訳がない。彼らの植民地支配の根本にはいつも「小数派の多数派支配」という馬鹿の一つ覚えがある。これは欧米の植民地支配のルールで、小数派に武器を与えて、多数派を抹殺や奴隷化すると支配しやすくなるという鉄則・・アフリカでも新大陸アメリカでもインドでも同じ。

長州の場合は、元々戦国大名(百済王族系自称)や、それ以前の百済系桓武天皇が自分の子孫のために作った菅原氏と大江氏の後者が長州で勢力を持つ。
毛利氏の民の懐柔政策にも原因がある。あまりにも多くの家来が毛利氏についてきて、激しくなった経済的貧困への批判を逸らすために、明治期で一番被差別部落差別が盛んになった・・という説もある
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。