詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

05« 2017.06 »07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  一月の詩(23)   生きる


いま生きているだけでも儲けもの
いま生きているだけでも百点満点

生きる以上の奇跡などない
これまで生かされてきた意味が誰にもある

たかだか数十年の人生
ため息をつき絶望する前にすべき事は多い
人生は感謝して味わうしかない
途上の景色すら君だけへの奇跡なんだ

他の命を奪うことこそ最大の悪だ
肉を飽食したり毛皮の一方で
イルカ漁は残酷とか
動物虐待はけしからんとか

そんな厚顔無恥こそが
二枚舌やダブルスタンダードの源
奴隷家畜して支配するための手段
いがみ合わして殺し合わす権力の常套手段
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。