詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  二月の詩(24)    白い自転車


どういう訳だか
父も母も兄弟の誰も乗らないのに
ぼくの家には素敵に白い自転車があった

大酒を飲んで
しょっちゅう雪の中で眠っていたり
留置場に入れられてた父が
どっかから盗んできたのかもしれない

運動会でも
父の働いてる建設現場へと弁当を持って行って
真っ黒い顔の父と昼飯だった
まだ十歳くらいの姉がぽつりと言った
「貧乏ってこんなんだね」

どの村や町へ行っても
一番貧乏な家だった
毎晩父の酒盛りだったので
それも仕方ない

その自転車に乗って橋を渡ってた時
浅い川へと5・6メーター落下した
橋の向こう側の誰かが手招きしていた

それ以来どうにも頭の具合が悪い
頭の中でいつも変な音がし続ける
いつもどうしてか
考えたのとは反対を言いやってしまう
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。