詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

05« 2017.06 »07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  二月の詩(27)   神話時代の終わり


神話にもいずれ終わりがくる
大地震と大津波と大爆発
世界最大の原発事故で
すべて奪われてしまったというのに
いまだぼくらの共同幻想
神話時代の終焉を信じない時代遅れも多い

それにしても
なんという雨と腐食の時代の始まり
放射能の雨が何もかもを塗りこめるてゆく絶望
産地偽装が飛び交い
給食では人体実験をやりたい放題
チェルノブイリでは五年後から癌や奇形児多発だったのに
福島から関東にかけてはすでに癌や奇形児だらけ
ただひとつの検査で原発由来かどうかわかるというのに

「原発は安全なエネルギー」
「絶対に安全安心」と言っていた
政官財学マスや東電家族が
金のある順から海外へと逃げ出す
もはやどこにもない希望の欠片を
手を変え品を変えしてぼくらは見せられる

脆すぎたぼくらの文明の断末魔の呻き声が
いよいよあちこちで高まる
あいつらに目をつけられて以来
覚悟を決めて生きるしかないというのに
殺されるか 自殺か
華々しく戦うしかないというのに


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。