詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

05« 2017.06 »07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イカが大好物!  岩波書店「ファインマン教授気をつけて」シリーズ


物語

イカ大好きでいつも缶詰山ほど・・イカの旨さは内臓と墨にある。刺身など邪道!缶詰より丸ごと食べられる蛍イカ等の酢味噌(イカ内臓旨い!)や煮つけ・・最近お気に入りは、イ汁で煮込んだ缶詰と内臓燻製缶詰とバスクイカ墨煮・・「イカのガリシア風」はトマト香辛料味は旨いが、イカ本体は硬くて不味い!

イカには、泡盛をちびちやるのが合う。あんまりにも旨すぎて、イカも泡盛も飲み込むのが嫌になる。至福の時・・

戦前の原発とコンピューター開発黎明期については、岩波『ファインマン教授(ノーベル賞学者でスペースシャトル事故調査委員長)シリーズ』・・彼が核関係特許を最も多く持っていたのは、全国から徴集開発チーム一員。手紙まで検閲を、暗号文でCIAを嘲笑。コンピューターは原爆弾道検査用に急発達

ファインマン教授(2)-シリーズ発端は、教授と友人の趣味切手採集から・・彼らは、ソ連の一共和国のキジル(チューバ)共和国の切手に関心を持つが、ウラン鉱山の多いこの共和国へは渡航禁止。さらに騎馬遊牧民の祖スキタイ墳墓(紀元前千数百年のバイカル湖南=トルコ祖と隣接)、ホーミーも有名

ファインマン教授(3)-トルコ人の祖チュルク語族は、匈奴等スキタイの後継の騎馬遊牧民が強大すぎてバイカル湖南東に長い間押し込められてしまうが・・隙を見て西へと移動し始める。チュルク語系言語がモンゴル~トルコ間に広く残るのはそのせい。日本海に近いので、さらに東征した遊牧騎馬民も多い

ファインマン教授(4)-機械設備メンテナンスの仕事をやり始めた頃だったので、スペースシャトル事故調査委員会長として八面六臂の活躍のファインマン教授の名を記憶した。NASAの官僚制を批判し、事故映像からパッキンからの燃料漏れと原因解明・・映画脚本として最高に面白いんだけど政府の横槍!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。