詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  三月の詩(21)  ちっちゃな頃から  


ちっちゃな頃から
走るのだけが得意だった
他にやることもなかったし
夜を切り裂くように疾走が堪らなかった

ぼくが走りはじめた頃
『長距離ランナーの孤独』を観た
『フォレストガンプ』を観た頃には
誰よりも早く走れるようになっていた

黙々と天と地との狭間を走っていると
なにもかもがちっぽけに思えてくる
走り疲れると大の字になり
だれ一人通ることもない給水タンクの横に寝転んで
湾岸から湧いてくる雲に見とれる

けたたましく啼きながら
飛んでゆく雉や海猫さえも
愛おしくなってくる

人間の宿命が
サル山の順位争いであれ
殺し殺されるであれ 
人体実験や偽装や暴力であれ

夜に潜り込んで駆け抜けてゆく
この天と地への愛だけは捨てまい
走り疲れて見上げる
湧く雲や風の清々しさを忘れまい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。