詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三月の詩(29)   昨夜の夢三題


深夜の街をー
風よりも早く走り続けている 闇の中ですでに目的は忘れた
車のヘッドライトがまるで洪水のように背後でスパークする
以前パチンコ屋だった所がコンビニとスーパーになっている
ポケットを探るといつもの財布が見つからず 叫びだしそうになる

札幌で知り合い三人と飲み歩いてくとー
「北大が近いからポプラ並木まで行こうか?」とぼく
「もう数十年ぶりにだね」と紅一点のきみ

一人は誰か思い出せない謎の背高のっぽ
もう一人は
遠い昔家出して行方知れずの兄
一面のスカシュ百合の原っぱだった札幌駅~荘園駅沿いは
すっかりネオン瞬くビル谷間とどぶ川の匂い
色々な鮭や魚の彫刻が転々と川底に
汚泥にまみれて沈んでいる

最近の夢には見知らぬ老女がしばしば登場するー
ディケアーの先の老女なのかもしれない
「今日は用事がないから昔の話しでもしようかね」と
笑いながらお茶を出してくれる
若い頃警察に捕まった頃の話しに相槌を打ってるぼく
「あんた警視総監にならんと駄目だよ」
《そうとうボケてるな・・》と
冷め切った苦い茶を飲み干す
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。