詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国民の怒りの原因を全く理解してない高給官僚や与党政治家だと思う


未分類

道路特定財源やガソリン税・自動車重量税等の暫定税率について、日本人が怒りを覚える二つの理由をまるで理解していないと思う。自殺者はもう十年間三万人以上だし、餓死者は年間千人以上で、独居老人の死亡も倍倍に増えつつあるのが現状だというのに・・

国民の怒りの理由はー
道路建設だけに使うと言いながら、長い間国民をだまし続けて・・自分たちのテニス・ゴルフ・ゲートボールの娯楽のためや、運転手つき高級車や、自分たちの豪華な宿舎等(全国600箇所とか)の利益のために使い続けてきながら・・「法律的には問題ない」などという居直る態度だ。さらに最悪なのは、公明党の冬柴大臣や国土交通省次官からの謝罪がないことだ。

もう一つの怒りの原因はー
理不尽に高価な石油というものが、単に個々のドライバーの問題ではなくて・・すべての物価高や世界一の生活費の原因である点だ。
それは、トラックでの輸送費や漁船の燃料や、工場での燃料や農家でのハウス栽培等のすべての生産・流通活動での経費増となって物価高の原因となるという点だ。灯油高ももちろん。
これほど貧困に苦しんでいる国民を、さらに物価高で苦しめる最大原因だ。
年金・雇用保険もまた、厚生労働省や社会保険庁官僚によって同じ運命だが・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。