FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

11« 2019.12 »01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

詩  ヤカン


どうしてなんだか
やたらに多くのヤカンが家中にある

母が好きだった琺瑯製のカラフルなヤカン
真っ黒に煤けた父愛用のヤカン
いつもリュックの中のひしゃげたヤカン

しょっちゅう
ガスの火を止めるのを忘れるぼくのため
きみが贈ってくれた馬鹿でっかいヤカン

最近愛用の泣くヤカンが煮えたぎり
ピューと現実に引き戻してくれる

いざという時のための2ℓのヤカンで
ちびちび水割りを飲みながら
いつも故郷のザエを思い出す

ヤカンのように生きていけたらいいのに
一分一秒をいとおしみながら

自分の死とともに消えてしまうこの世界
風の音だけがずっと昔からのぼくの友だち
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)