詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

   最新の詩   何処へ


海が干上がり
空がいよいよ狭まってゆく

あらゆる命が憎しみのために
異形の者へと変貌してゆく

今日倒れようといいのだと
季節外れの雨に濡れそぼって震えている街路樹

絶句こそ我々の運命
誰もが還るべき道を見失った路傍の風

明日はもう太古以来
空を映し続けてきた水の上にすらない

何処へ行き着くかはもうわからない
我々はとっくの昔に舵を見失ってしまった
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。