FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

11« 2019.12 »01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

日本の現状  最後の勇気が必要な時代


歴史

警察検察と、その上で裁判所を下請け化の法務官僚の伏魔殿内閣事務総局は、財務省同様に、生殺与奪の権力を持つ戦後最高神として君臨。冤罪やりたい放題で次期総理小沢一郎の社会生命も抹殺。『第二の“捏造”事件は必ず起きる』ー『ここ』

日本の現状は、熊(米国)に追っかけられて鉄橋へと逃げこんだら、前方から列車(中国)が・・絶体絶命!鉄橋から下をみると岩だらけの浅い川。20年間の財務省の意図的デフレ不況でガタガタの上に、消費税等大幅増税、年金生活保護等社会福祉切捨て、原発事故や汚染流通での人体実験、改憲軍事国家、TPP・・キチガイに刃物の軍事オタク世襲馬鹿の自民党と、権力の内側に居られるならばなんでもやるという政教分離等憲法違反筆頭の公明党。

川に飛び込こめば命だけは助かるかもしれない・・川に飛び込む勇気が必要な最後の時代。それは憲法遵法であり、日米安保も地位協定も憲法違反だし、一行政機関の公務員に過ぎない検察警察法務官僚が裁判所を下請けにして冤罪やりたい放題。財務省が「国民の借金という大嘘で国債刷り放題や、20年間デフレ不況(膨大な国債満期償還や利払いを増やさないため)や、国税庁を使っての経済面・個人面での暴力支配(検察警察軍隊同様の国の暴力装置)・・
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)