fc2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

03« 2024.04 »05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

カモメ


未分類

寺山修司の歌は いつも 
カモメを連想させる
砂の無い砂時計の
蒼穹のあわいを ただ一羽
逃亡し続けるカモメ

子供の頃 ときどき
散弾銃を持って 浜辺へと
カモメを撃ちにいった
いちども
そんな間抜けなカモメは見つからなかったけど

重力に抗いつづける
ただひとつの生き物カモメよ
ぼくのただひとつの憧れの対象
憎しみの対象でもあったカモメ

そして 誰もが
好きなものや
憎んでいるものについてしか
歌うことができない
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)