詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詩  転車台


駅から少し街外れへ歩くと
赤く錆びた廃線のレールが見えはじめる
列車の向きを変えるための転車台が花の中で揺れてる

春には桜 夏には蒲公英
秋には薩摩の紋所みたいな転車台の内も外も
まるで火災中のような紅葉が天まで

運動会の昼休みには
いつもそこの父を訪れて
姉と三人でわびしい昼の弁当

姉の言葉が耳の底にこびり付いてる
「貧乏人ってこんなとこで食べないとなんないんだね・・」
「かあさんが働いてるから仕方ないべさ」と父
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。