詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新の詩   生まれて初めて作った詩


怒りに任せて作った生まれて初めての詩は
今だにも誰にも見せたことがない

でも中学卒業文集にその詩の一節
「学校中の窓ガラスをぶち壊したい」と書いたので
知ってる奴は知っているだろう

母と父とが近くの温泉へと出かけて
入浴を拒絶されたというので作った生まれて初めての詩だった

父は年中酔っ払ってるアル中
母は父の酒代で無くなる生活費のために働き
腎臓病の祖母の高い薬を買うために働きずくめだった
(でもいつも仕事がどうこうと話しあってた・・)

ぼくも
でんと聳え立つ温泉ホテルの従業員なら
何をやるか判らん酔っ払いと
皺だらけの婆さんと看做したかもしれない

それでぼくは中学生時代以来からずっと
井上光晴『反対』のような詩しか作れなくなった

「学校中の窓ガラスを割って歩いた」という
尾崎豊のような歌しか作れなくなってしまった

こんなろくでもない詩しか作れないでごめんな・・
あの世のとうさん かあさん

でも生きてる限り
それは違うだろうという詩を作り
俺もお前らもみんな糞だと言うしかない
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。