詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  最新の詩(2)-単純明快なこと


単純明快な人生だった
詩作しか考えてこなかった
歴史の証言者と生きてくるしかなかった

ひとつだけ付け加えると
○売奴の一匹でもせめて道連れにすべきだろう
トヨタ系だけでも数百人が救われたのかもしれない

トヨタ系では毎日仕事を与えず
一列に並ばせて退社までゴミ拾いだった
事務所入り口に仕事を与えらずに隔離されてた娘や
トイレへの入り口に隔離された中年社員に
「お前が話しかけたらお前もアカと看做されるぞ」という上司

「殺し屋に注意しろ」という上司からの三度の脅迫
上司に連れていかれたカルト宗教”お光さま”では
トヨタ系社員だという美しい女性が
そこから逃げ出して畳へと引き出されて悲鳴(演技かもだが・・)

ぼくの夢の中で鳴り響くのは
耳に聞こえない多くの悲鳴
目には見えない涙の跡

トヨタ系のブラックリスト対策会議では
その対象者の言動が情報交換されあれこれ論議される
預貯金や通院歴や病院での話し交友関係や家族の車番号から
その妻や子供たちの動向まで
(戦前から天皇資産運営で義捐金強奪日赤やそれを宣伝NHKは要注意!)

それよりもはるかにいぎたない創価学会カルトの
「絶対にクビにしてやる。殺してやる!」上司の夢を時々みる
「労災など認めん」という仕事中の傷跡が疼く
カルトなどすべて○してやりたい!

「何もせず椅子に座ってろ」には
死をもって対抗すべきだった!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。