詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最新の詩(4)  紫陽花革命の季節


季節は確実に
紫陽花革命へと向かっている
このままの日本では
世界中の笑いものになるばかりだから

確実に
ぼくらの誰もが
誰にも平等な死どころか
屠殺場で人体実験のために殺されつつある

いくら財産や血筋家柄を誇ろうと
いくら一流大学や権力や権威を誇ろうと
原発事故以降の放射能人体実験で血塗られた
その手を許す人間など地上に皆無だから

たかだか数十年の生命というのに
世の中や人のためにどころか
わずかな私利私欲のために
国民99%屠殺をという日本政官財を
宗主国米国支配層以外の世界は決して許さない
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。