詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  最新の詩(8)  教祖


水俣病で奪われてしまった視力が
永遠に回復されないまま

刑務所を訪れた我が娘の前で自慰をと
教祖はすっかり
死人に口無しにされて絞首台へと
我らの堕ちた偶像教麻原教祖

ぼくもまたかってのように
吹雪の中で叫びながら裸足で
浜から浜へ怒号の中を駆けるばかり

まだまだこの地獄を
走り抜ける力があるようでは
麻原教祖のようになるしかないのだ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。