詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 詩 ハイル!ゲッペレス世耕




セックスの好みさえ
病院での会話さえもが即座に
会社に通報されるという金魚鉢社会

会社と警察との直通ネット回線で
本人より詳しく
預貯金借金額や病歴通院や家族情報や友人関係や休日の過ごし方が
会社と警察等監視官庁にデーターとして残される

ついポロリ本音でも漏らしてしまった暁には
検察警察やカルトの大好きな
置換事件での冤罪か
自殺に見せかけての殺害が待ってる

世界はブラック企業ワタミなんかより
ずっと汚い会社や殺し屋に満ち溢れている
団体生命保険を掛けては
億円以上の臨時収入が偉いさんたちの貯金残高に加わる

逃げ水を追う蜻蛉のキ印が一ツガイになり
急転直下ブラックリストの一頁が切り取られる
「やれやれ反抗ばかりしてたあの馬鹿もとうとくたばりやがったか」
「このどはどんな方法だ?」
「今回は趣向を変えて車に細工して交通事故です」

橋下という口から出任せ金魚売りの次には
安倍という明治以来の売国奴総本家の三代目
売国奴血統なら誰でも首相にという訳にはいかない
CIA日本支部長のゲッペルス世耕のお眼鏡に適わねばらない

小泉爺は札束に囲まれたホテル最上階で
変○的不純一郎的首絞め異性交遊
「郵政民営化を!」の馬鹿のひとつ覚えを絶叫しながら
石原爺は殺し屋を送り込み殺害を試みた死者たちの悪夢を
みるような良心は生まれて以来持ち合わせていない

この列島こそが
放射能汚染で腐れ落ちてゆく家畜奴隷小屋
壮大な人体実験の場の給食の裏側
産地偽装と瓦礫償却で99%を殺すための仕組まれたソドムとゴモラ

金魚鉢の外から
人体実験の成果を覗き込むゲッペルス世耕の人相の悪さに
下っ端工作員たちが戦くさまはナチやソ連と同じ

かなり出世したスパイ出目金が
「ハイル世耕!」と右ヒレを掲げ
次に冤罪で抹殺すべき愛国者名を報告に来る

星の数ほどPCモニターの並ぶ金魚鉢での欠伸に
明治以来の金魚の糞また糞が揺れている
CIAコード名を持つ岸や読売創業者の糞も
どっかそこら辺でほの白く揺れていたはずだ
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。