詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

支配層が仁義なき戦いの真っ最中日本 長岡の花火 山下清 沖縄


歴史

日本は次の支配層の座を巡り「仁義なき戦い」の真っ最中。安倍晋三の援助をばら撒き&原発行商旅の数は尋常でない。近い将来健康を害し、今度は腹痛以上での政権放棄だろ う。米国同様に官僚たちにも安倍は嫌われてるようだ。ほとんどが東大卒の官僚たちは三流大学出の安倍を国民よりも軽蔑していることだろうし・・米国の意中勢力は、よけいな言動や嘘が多い安倍より、何でもハイハイという事を聞く野田のような民主右派と小泉等自民党若手やTPPに最も古くから賛成してきたみんなの党

いよいよ花火の季節。修学旅行で買って帰った・・花火大好き山下清の「長岡の花火」が気に入って絵葉書にはー《世界中の爆弾を花火に変えて空に打ち上げたら、世界から戦争がなくなるのにな》・・長岡は河井継之助と上杉謙信と山本五十六で有名。子供時代謙信は長岡市栃尾で養育。栃尾の蛍とカジカ蛙は見事!

山下清日記を読んでの感想は、戦後日本人の変化は伝統文化や歴史やアイデンティティを根底から覆すほど大きく・・自然もほとんどが破壊されつくされてしまった。特に返還後の沖縄がすさまじかった。一等地のほとんどは内地の大資本に買い占められ、神聖なウタキは破壊され、世界一危険な米軍基地は、危険すぎるオスプレイ基地や辺野古新基地強行建設等とさらに増やされつつある。

原爆や劣化ウラン弾や、原発や原発事故や瓦礫焼却で、日本中の野山や川や海や村町都市に撒き散らされた放射能の代わりに、菜の花よりももっと放射能を少なくする花や植物や微生物は必ずあるはず!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。