詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

09« 2017.10 »11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 八月の詩(8)   深夜の線路で


深夜の夜空を
雷鳴が切り刻んでいったあとに
薄明の中で目覚める小鳥たちの羽ばたきが聞こえる

ふるさとから千キロ以上も離れて
どうしようもなく淋しくなると
いつも深夜の線路へと出かけていく

そういえば
仕事がなくてあちこち流離ってた頃も
日本中の線路を歩いてだった

線路の上には 
昔も今も青空や風が流れている
人間という煩わしい生物がいない

夜中に疲れ果てて寝そべてると
ドーベルマンのような凶暴な顔の犬が二匹が
じゃれながら疾走して行った

ついふっと
夜明けの浜もいいかなと・・
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。