FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

11« 2019.12 »01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

 八月の詩(20)  魂の音 ()


 誰もが懐かしむ魂の音にも
何種類かがある

風が過ぎてゆく音
その後に 
世界中の森が震え慄く音

母の胎内で聞いていた波音と
この世界中との微妙な変調

この世界は
到底美しいとは言い難い弓や弦楽器だった

羊水の波音で目覚め
いまや高らかに鳴り響く
この世界の終わりの音を聞いている
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)