詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  九月の詩(9)   瀕死寸前


地球も自分も
重い病に苦しんでいる
病んでいるというよりももう瀕死寸前

地球はあまりも広大なので
なかなか人目に触れることは少ないが
何処でも彼処でも
奇形児しか生まれなくなりつつある

自分はあまりにちっぽけな存在なので
もう誰も相手にさえしてくれない

この秋が終わる頃には
すべての決着がつくだろう

地球や人類の終わりか
一本の紫煙となって
あの世へとおさらばなのかどうか
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。