詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

07« 2017.08 »09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 十月の詩(2)   林檎の樹のしたで


  十月の詩(2)    林檎の樹のしたでー上海バンスキンと吉田日出子を聞きながら-
http://www.youtube.com/watch?v=H6CKSTqftC8

紅葉の山道から外れて一息ついてると
真っ赤なシャンデリア林檎の樹の下で君に出会った

「綺麗だね」と林檎ついて言ったのに
ポット頬を赤らめた君

それからずっと林檎の樹のしたで
君を待ってるぼく

楽しく頬寄せて
未来を語りあったこともあった

「考古学者になってこの世界の謎解きするんだ」
「新聞記者になってそれを記事にするね」

真紅に燃える林檎のように
遠い海で燃えていた落陽が懐かしい
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。