FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

11« 2019.12 »01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

  十一月の詩(14)    ドイツ幻想 水銀幻想 シャーマン幻想


遠い幼い日のドイツ幻想は
体温計や温度計の水銀に見とれてた
遥かなる日の水銀幻想に似ている

水銀幻想については
石川啄木に続いて短歌の革命家だった
寺山修司と塚本邦雄の書簡集を参照して欲しい

誰に話しても
まるで理解されることがない
二つの幻想の間を生きてきた

僕が鉄工所に就職を決めたのも
銃を作りたかったからだった
利権化や閨閥化で劣等化したお前たちを殺すために

銃の心臓は銃身であり
優秀な旋盤でしか作れない
旋盤は感がものをいう

後ろの火薬に火を点けて
その爆発力で鉛玉を発射するだけの構造だが
銃は世界史を一変させた

銃も飛行機も潜水艦も
ドイツ贔屓だったというのに
ドイツ語では最悪の劣等生だった

ワルサーやメッサーシュミットやUボート模型は
どれくらいバルサで作って着色したかわからないというのに
ドイツやドイツ人は天国や地獄よりも遠かった

だが今の時代になって
ドイツがアメリカを凌駕しつつあるのは楽しい
日本低国は相変わらずどうしようもない奴隷家畜国家


◆あらゆる人類文化の源のシャーマンの起源は、遥か氷河時代での彼らの夢まで遡る。最古の楽器の太鼓の癒しの音とともに・・欧米では、真っ暗闇での太鼓でのシャーマンの儀式が多いという。アイヌ で法華経が流行ったのは、シベリアにも共通する太鼓を叩いてが原因だと聞いたことが・・その他にはピカピカ光る鏡や金属。卑弥呼もそうだったのだろう
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)