FC2ブログ

詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

11« 2019.12 »01
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

  十一月の詩(15)  心はどっちを向いている


おれの心はいったい
どっちを向いてきたのかだろうかと
巡らなくても済んだだろう多くの地獄がおれに囁きかける

それはどこまでも続く夕焼け
廃線の上に広がる
どんな赤よりも鮮やかな鮮血の色
その故郷の敗残を見ずにはすまなかった

放浪時代のぼくは
人気ない線路をよく歩いた
人間など煩わしいだけだったので

深夜に疲れ果て線路の横に寝そべっていると
ドーベルマンみたいな犬が二匹
人間の俺などには目もくれずに
海へと駈けてゆくのが羨ましかった

聳え立つ大樹の下にテントを張り
川から水を汲んで沸かしながら夢想した
巡る銀河と人工衛星と予言の中で
いったいどんな未来へと行き着くのだろうかと

夜がだいぶ更けてから
その樹が寝床らしいカラスが一匹やってきた
「カー」と一声鳴いてからぼくらは
樹の上と樹の下とでかってないほど熟睡した
関連記事
スポンサーサイト



コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)