詩人PIKKIの第三ブログ

ブログ本文は目次下の空白30cmの後から始まるので要注意!

10« 2017.11 »12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト


スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まともな社会や経済や政治のために最低限必要な物は?


政治

neko
まともな社会や経済や政治のために最低限必要な物は?
それは戦前と比べるとすぐにわかるが・・中間での政官財による税金強奪や、弱者からの税的負担増や、あまりにも無権利状態の非正規労働・派遣労働等・・の社会崩壊の原因ともなる不当な搾取をいかに防げるかだと思う。(それらすべては憲法違反だが睾丸無恥な官僚たちのせいで横行中)

いよいよ激しくなる一方の国家高給官僚たちのやりたい放題は、民主党のやり方次第だと思うが、↓↓↓の日記のように、高給官僚たちのやりたい放題・言いたい放題を見逃しているようでは・・たぶん望みは少ないのかもしれないが。(それでも利権がらみで腐りきった自公与党よりはまだマシだと思うが)

それを私利私欲にかられた大企業からの要請で、戦前状態へと戻したのが自公与党と民主党(大企業労組は出世の最短コースなので)による「労働者派遣法」の改悪だったのだと思う。

是非とも自分たちにも責任がある民主党が、この日本人のほとんどの地獄状態の原因となっている「労働者派遣法」等の・・小泉以後のすべての悪法を元に戻してもらいたい。それができないようなら・・自民党の再来として、たちまちのうちに民主党もまた消滅してしまうことだろう。

再度以前の僕の北海道改革案をアップしたい。
『北海道変革もまた、すべての地方自治体の「地方主権」やあらゆる経済問題と同じ構造をもっていると思われる』

それは如何に、中間での税金の強奪(天下り政官財による談合や、数百兆円もの特別会計=埋蔵金や、年間10兆円ともいう去年に続いての年金運用損)や、弱者から税的負担増や非正規労働・派遣労働等の不当な搾取を防げるか・・という問題である。

北海道では、その手始めに、札幌特別市とそれ以外の「北海道州」とにすべてを分離すべきだと思う。札幌だけについてであれ、無駄な税金の使用や行政の重複等が無くなるからである。さらには、札幌への一極集中も解消されることだろう。以下のような札幌首都圏を循環する高速道路レールバスによって。

北海道知事には、情熱一杯の松山千春氏や、夕張支援という実績のある田中義剛氏がいいのではと思う。鈴木宗男氏や田中康夫氏でもいい。そして北海道本来が持っている潜在力を生かす道を探るべきだと思う。

北海道での最大の問題点は、日本一の失業率と、ろくな政治家(あまりにも無能&冷血与党政治家が多すぎる)がいない点と、官僚支配がきつすぎる(公共事業に頼りすぎてきた)点と、人材不足の点ではないかと思う。

北海道の産業振興についてはー
最も効果があって、手っ取り早くて、国・地球への貢献も大きいのは、民主党の主張する「高速道路無料化」しての地方への払い下げと、何度も僕の日記に書いた「地域通貨」ではないのかと思う。(「地域通貨」については後で再アップすることに)

その際北海道だけは、出入り口倍増の失業対策事業だけではなくて・・冬期の交通を考慮した高速道路の新たな改造が必要だ。

それは、札幌近辺の車線を半分を利用しての融雪機能を完備したレールバス化(富山で成功したような形で一律200円程度で)と札幌からの高速バス網の整備だ。首都圏の山の手線のように、札幌を取り巻く環状的な高速道路に右回りと、左回りで走らせるようにする。

このレールバスは、出来るだけ在来駅の近くに駐車場&出入り口を作って、そこの年間駐車料金を年間一万円くらいに設定すれば、料金所・人件費のいらなくなった高速道路の修繕費用へと利用可能になるし、札幌市内の渋滞解消や温暖化防止にもなる。

なによりも全国でも最も失業率の高い北海道経済の救世主となり得る。出入り口や駐車場建設やレールバス化は半永久的に雇用を拡大するし、出入り口付近の道の駅等の再開発もまた・・
さらにはこのレールバス化の試みは、将来の首都圏での渋滞解消にも、多くの貴重な参考例となることだろう。

人材の点でいうとー
北大は全国的に有名すぎて道産子が少ないので、道産子に入学資格を限定した総合公立大学が必要だと思う。貧困家庭からも入学可能にするために充実した寮と十分な奨学金を保障して、年齢等の差別も一切廃止して、入試も論文と面接だけにする。でも語学系や芸術系には実技が必要かも・・

従来の教育大学を、IT系総合大学(札幌分校)、環境系総合大学(釧路分校)、過去遺産&語学系総合大学(函館分校)、芸術系総合大学(岩見沢分校)、社会・人文系総合大学(旭川)へと改編してはどうだろうか。教員養成大学は札幌に一校だけで十分だと思う。

そして、将来の北海道の先端産業研究開発・起業支援のための総合大学機能を併せ持つ本校的大学院大学・研究施設群を苫小牧に新設すべきではないかと思う。(工業団地化に失敗した膨大な造成地があるので)
ここにアジアで唯一の国際機関の国連大学分校を誘致して、アジア等の途上国からの学生を受け入れてはどうかと思う。

そのすぐ隣のアイヌ民族の伝統文化が受け継がれてきた西日高地方に、「アイヌ自治大学」をもまた早急につくって、世界中の先住民の文化研究や課題解決のためのあらゆる部門で人類遺産のための殿堂とすべきではと思う。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:写真日記
ジャンル:日記

コメントの投稿

secret

TRACKBACK

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。